主婦・人妻・ママが不倫・浮気をしてしまった体験談を紹介しています。そして、彼氏が欲しいなと思っている主婦・人妻・ママ向けに彼氏の作り方を紹介しています。

主婦の不倫・浮気体験談ブログ

不倫体験談

27才離れたかっこいい素敵な男性とダブル不倫した話

更新日:

 

私は35才、二年前まで27歳年上の男性と恋をしていました。

『不倫』なんて、今でもピンとこないけれど、本当に大好き同士でした。

 

子供は一人小学生の子がいます、彼はもうお子さんも大きくて、お孫さんも数人いたかな。

 

わたしは、彼とは趣味で同じサークルに入っていて、毎週顔を合わせる関係で、サークルるのイベント等があると一緒に行ったり、見た目は若いし、若い以上に誰からも『かっこいい!素敵ですね!』と言われる男性だったので、わたしも陰ながら『かっこいいな』と思っていました。

 

 

でも、かっこよすぎちゃって緊張しちゃってっ。

たまに目が合うと、申し訳なく思ってしまっていました。

 

私は結婚して8年目でした、趣味やサークルで外出する私を許していないけれど、怒ったりしながらも割り自由にしてくる旦那です。

でも、セックスは付き合っているころから下手くそで、正直、イライラするのを我慢してしているほどで、

『気持ちがいい?』

と聞かれると、

ブチ切れそうなほど、下手くそで腹がたちました。

 

 

それでも、好きで結婚したのだから、仕方ないですけどね!

 

話は、年上の彼の事に戻り、出会って一年以上たつのに、あまりフランクに会話したことが無かったのですが、サークルのみんなで、ある音楽家のコンサートを聞きに行くことになり、彼と家が近かったわたしは、彼の車に乗せてもらって行くことになりました。

 

かっこよくて、憧れの人だったので、二人きりで車に乗るなんてドキドキして、とても楽しみで、でもなぜか、これから何かおこるかもしれないと、フと思っていました。

 

せっかく車に乗せてもらうのなら!と、彼の好きな動物の小さなお人形を1つ買い、プレゼント用にラッピングしてもらいました。

 

こんなのいらないだろうなーと、分かっていたけれど、何か買いたくて。。

 

そして、彼の車にのり、みんなより早く現地に集合。

『ぼくね、今日君を乗せてくることを考えていたら、君の夢をみちゃったんだよ』

と笑っていて、わたしはずっとまえに、貴方の夢を見たよと話をしました。

 

なんか、いままでただのサークルの仲間、かっこいい憧れの男性ってだけだったのに、

数秒目をみつめたら、好きになっていました。

彼はかっこいいくせに?最近は彼女がいなかったのか、ずっといなかったのか、わたしとデートをする怪しい行動は、すぐ奥さまにバレ、それでもなんとか誤解だということで、話が終わりました。
長年連れ添った夫婦ですからね、そんなことでは大事にならなかったです。

いつも奥さまを大事にしていたし、お金にも余裕がある家庭だったので旦那の浮気くらい。。って感じだったのかな。

とにかく、誤解だということで、またコッソリ二人でデートを毎週、会いたいときは毎日、仕事帰りなどに会いました。

彼は大人だし、お金に余裕があったので、わたしが行ったこともない素敵なお店につれていってくれたり、毎回豪華なホテルに連れて行ってくれたり。

付き合っていることは、もちろんサークルの皆には秘密だったけど、皆で飲みに行って、ドンドン仲良しになっていきました。

毎日メールしたり、サークルのことでも連絡事項を伝えたり、無くてはならない人でした。

当時は、そんなの当たり前!と思っていたけれど、本当にわたしにだけ優しくて、心配だからと、いつも送り迎えをしてくれた。

わたしの将来のことまで考えて、わたしに出来ることや知恵を沢山くれて、人脈も沢山作ってくれました。
今でも本当に感謝しています。

彼とのセックスは、旦那とは全く違って、女をしっていて、優しくて激しくて、こんなに人って愛し合えるのね!わたし以外の人達は、こんなにセックスで愛し合っていたのね!と感動したというか、衝撃でした。

ずっとずっと彼だけが大好きで、年の大きい彼が絶対に先に天国へ行くだろうと、そのときが来たらわたしは生きられるのかと、そんなことばかり心配していて、

ずっと健康で、わたしがオバあちゃんになるまで、抱いていてよ、とお願いして『大丈夫だよ』と彼。本当に本当に大好きだったのです。

そんな、彼とのラブラブな不倫生活が2年たち、うちの旦那も私とうまくいかないことが不満になり、離婚してくれと言う話になり、
結局、離婚はしなかったのだけど、その離婚騒動がけっこう大変で、
大好きな彼にも会えない日々が続き、彼は『まってるよ大丈夫』と言ってくれた。

今思うと、そんな言葉も本当に優しかった。

ちょうどその離婚騒動で大変なとき、わたしは会社に行けなかったり、子供の習い事や食費で、ヒーヒーやってたのだけど、その時わたしや子供のことを、自分の身内のように心配に思ってくれて助けてくれた人たちが数人いました。

『大丈夫だよ、まってる』と言ってくれるだけの彼より、助けてくれる人達が大事になって、
離婚騒動が収まってからも、その助けてくれた人たちを裏切るようで、彼に会いに行けない気持ちになりました。

彼に久しぶりに会えたとき、彼はホテルに行くつもりだったのだけど、
私は『行けない』と言った。

これからも仲良しでいたいし、大好きな貴方のだけど今はホテルに行く気持ちになれない、と素直に伝えた。

『僕は好きだし、好きな子を、抱きたいって思う。いままで大好きで、セックスしていたのに、突然もうしない!と言われるなら、もう会わない。好きだから会ったらしたくなるし、好き同士なら当然の気持ちだと思う』と彼が言った。

そうかもしれない、わたしの気持ちが薄れただけ。でもそれから音信不通で、私が彼を悲しませたんだから仕方ないと思ったり、出来ないなら別れる!とか言って酷い!と思ったり。。

でも、何を思い出しても感謝ばかり、
今の私の仕事も生活も彼が導いてくれたものばかり。

彼のかっこいい顔を思いだしたり、優しかった事を思うと、また仲良くおしゃべりしたいよ、と切なくなるけれど。

じゃあセックスしたいかと言われたらそうでは無い。やっぱり冷めてしまったのかな。

-不倫体験談

Copyright© 主婦の不倫・浮気体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved.