主婦・人妻・ママが不倫・浮気をしてしまった体験談を紹介しています。そして、彼氏が欲しいなと思っている主婦・人妻・ママ向けに彼氏の作り方を紹介しています。

主婦の不倫・浮気体験談ブログ

不倫体験談

自分が「脳内お花畑」だったことに最悪な状況に陥ってから気づきました

投稿日:

不倫相手の彼とは出会い系サイトで去年知り合いました。
夫のことはまあまあ好きだけれど、出産を機に男として見られなくなり、セックスもヘタで私が満足する前に終わってしまう、そんな不満が溜まって体の関係を求め、出会い系掲示板で相手を募集してしまいました。
そこで知り合った男と変な関係を続けていました。

私は27歳の専業主婦で、まだ幼い二人の子供がいます。
最近まで上記の条件で出会った43歳男性と不倫してました。
結婚歴は10年になります。恥ずかしながら、17歳の頃、姙娠が発覚し高校を中退、バイト先の同僚でまだ学生だった夫とできちゃった結婚をしてしまい、今に至ります。
結婚して以降、仕事とは無縁の生活をしていましたが、最近になり夫に離婚を申し出られてしまい、困っているところです。
幸せな生活に胡座をかいていたバチが当たったのだと思います。

不倫相手の彼はアラフォーとまあいい年した男でしたが、「ブラック会社ウォーカー」と自称しており、まともな会社で働いたことがなく、気づけば社会の負け組になっていたと自虐ネタでよく話していました。
詐欺ではなく、正真正銘の独身でした。
いくら稼いでいるのかわかりませんでしたが、安っぽい服、そして汚い靴を履いているなというのが第一印象でした。

身なりには貧しさを感じましたが、何回か会うにつれ、私の悩みを言わなくてもわかってくれたり、リラックスして付き合える、相性がいい男性だと感じ、異性として意識するようになりました。

彼は仕事を何回も変えており、私が好きだと思い始めた頃、掛け持ちしていた仕事先で現場監督を任されたらしく、急に1ヶ月くらい連絡が取れなくなりました。
もう彼からの連絡を諦めていた頃、携帯が使えなかった(滞納で止められていた?)仕事も忙しくてほとんど家に帰れないというか、家ではひたすら寝てたので連絡できなかったと言われました。
それからすぐ主人との子を妊娠し、2ヶ月ほど全く会わなかったり、会っても1ヶ月に1回くらいの頻度で遊ぶようになりました。

妊娠してからというもの、彼のことが好きという気持ちはどこかに行き、ただ話し相手になってほしいと思って会っていたように思います。しかし、相手はセックスを求めてきました。
嫌悪感を感じていましたが、うまく自己主張ができず、受け入れてしまっていました。
妊娠していたので体の関係が苦痛になり、会うのはやめようと考えるようになりました。
それでも、ズルズルと関係は続いていました。あとで友人に「あなたの感覚はおかしい!」と指摘されたのですが、正直、彼女に指摘されるまで自分がおかしいとは全く思っていませんでした。
とにかく、不安で誰かに甘えていたかったのだと思います。

そして産後、またまた連絡が急になくなりました。
古くからの友人も顔を合わせるたびにそんな変な男には会うなと言っていたし、これでいいのかなぁとも思ったのですが、寂しさに負け、また自分から連絡してしまいました。
結局、またずるずると連絡を取るようになってしまいました。
いつも私が住んでいるところまで電車で数時間かけて来てくれるので私は彼に愛されているんだと勘違いしていました(というか車がなかっただけ)
また彼を好きだという気持ちというか、錯覚が出てきてしまいました。

それでも、いつも自分から会いに行くと言ってくれたり、今はまだ子供も小さいからあまり会えないのも仕方ないよね、と理解あることを言ってくれていたり、ホテル代、食事の際は出そうとしても「自分が払うから・・・」と言ってくれていたので、素直に甘えてしまってました。
自家用車も持っていない貧乏な彼に、です。
そのような積み重ねからか、彼を次第に苛つかせてしまっていたようでした。

それからまた返事してくれなくなり、ただ待っているのも辛かったので、掲示板で他の遊び相手を募集してしまいました。
するとすぐ彼から連絡がきて「また不倫相手募集してるのを見つけたから怒ってるわけじゃないけど、もう別の人と付き合ったほうが良いよ。」と言われてしまいました。
え?掲示板見てるの?と違和感のようなものを感じました。お互いに信頼もかけらもないなと思ってしまいました。
彼に「仕事は忙しいし、お金にも余裕がないし、自分は社会の負け組だから生活だけで精一杯。情けないけど他人を楽しませてやれる余裕が自分にはない。」と言われてしまい、そこでやりとりは終わってしまいました。

私をどう思っているか正直に答えてほしいと以前尋ねたときは「誰でもよかったら風俗に行ってるよ」と言ってくれました。まあ、そう言われても、風俗はお金かかるから行くお金なんかないとは思いますが。
私は無料だから付き合ってるんじゃない?と当時も内心では思ってました。
でも、「こういう関係だと堂々と一緒に歩けないし、セックスだけで申し訳ないと思ってる。」と謝罪されたことはありました。

私は、彼のことを内心で良い年した独身で負け組だとバカにしていたのかもしれません。好きなのかどうか、今では曖昧です。
そのうち、彼と一切連絡が取れなくなりました。
また、夫からも同時期にいきなり離婚を言い出されてしまいました。2人から同時に見捨てられるとは思いませんでした。
これから先、どうやって生計を立てていくか、また、子供の親権の話など、予想もしていなかったことを考える羽目になりました。

途方に暮れて友人に相談すると、あなたもその不倫しているオッサンもホント似た者同士だよね、ふたりともマトモじゃないよと呆れた顔でそう言われました。
なんで旦那さんに離婚されたのかわかってないところも痛いと言われました。
信頼とか、あなたに語る資格ないよ?とか、これから先のあなたの人生は生き地獄そのものだよ、どういう経過をたどるかマジでわかってないよね?とも。
あなたはそうとう頭が悪いっていう自覚持ったほうがいいよ、というようなことをものすごく冷たい目で、睨まれながら言われてしまいました。

これから先、どう生きていけばいいのか、わからなくなってしまっています。
冷静になった今、自分を客観的に見ると「脳内お花畑」という言葉がぴったりだと思ってしまいます。

-不倫体験談

Copyright© 主婦の不倫・浮気体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved.