主婦・人妻・ママが不倫・浮気をしてしまった体験談を紹介しています。そして、彼氏が欲しいなと思っている主婦・人妻・ママ向けに彼氏の作り方を紹介しています。

主婦の不倫・浮気体験談ブログ

不倫体験談

結婚6年目の過ち!不倫をしたいせいで痛い目に遭った話!

更新日:

私の年齢は32歳です。

旦那とは現在結婚9年目で結婚6年目で不穏な空気になりました。

私たちの間には生憎子供ができなかったです。

 

どちらの問題かは調べていないので分かりませんが、子供ができなかったです。

けれども子供が特別に欲しいと二人とも思っていたわけでなく、その点に対しては割り切っていました。

 

「子供がいなくてもまあいいよね」と二人で納得しあってその点はお互いに割り切っていたのです。

問題は子供がいないことではありませんでした。

 

掛け違ったボタンがどんどんずれて行ってすれ違って行ったような感覚です。

これと言って旦那が悪かったわけでもないし、私が悪女だったわけでもありません。

旦那への不満が日に日に増していった

一瞬の気の迷いがこの泥沼へとつながったような気がします。

私は本当に普通の妻なのです。

旦那が特別に給料がいいわけでもないサラリーマンで、私はパートの図書館職員。

子供がいないのでお金にはある程度余裕があり、仕事がない日の昼間は家でぐだぐだしています。

はっきり言ってすごく普通の一般的な妻です。

 

顔が特にキレイだったわけでもないし、性格が浮気性だったわけでもありません。

まさかそんな私が不倫するなんて自分でも考えていなかったです。

ただ私には小さな不満がありました。

旦那に対する不満です。

 

私は仕事を第一に考える真面目な旦那に不満がありました。

何かあってもまずは仕事なのです。

第一声が仕事という仕事人間な旦那に不満がありました。

 

私は仕事をしているけど旦那ほど仕事に打ち込めません。

それよりも家のことを取ったし、それでいいと思ってきました。

でも旦那は違います。

 

どんなことがあろうとも、第一声は「仕事」なのです。

仕事重視で、私のことなんて後回し。

そんな所に不満を感じていました。

 

せっかく二人で出かける予定を立てても部下の失敗のせいで、急遽仕事が入って旅行に行けなくなったことも何度もあります。

それくらいに旦那は仕事を第一に考える人間でした。

そこが私には理解できなかったのです。

そのせいで旦那との間にすれ違いが起こって、不満がどんどん溜まって行きました。

旦那の「仕事」第一に考えるのが嫌でした

この不満を解消しようと始めたのが、習い事なのです。

 

旦那に「暇だからそんなにカリカリするんだ!」と言われたことがあって、私はそれにカチンときて何か始めようと思いました。

すごく腹が立ったのです。

 

こうしてダンスの習い事に通うようになりました。

その習い事教室で知り合った男性とすごく波長があってしまって、お互いに連絡先を交換してしまったのです。

そうやっておしゃべりをする内に、気づいたら旦那よりも一緒にいて楽しいことに気づいてしまいました。

 

お相手は35歳で郵便局で働く男性でした。

顔は優しい感じで割と整っていて、離婚経験がある人なのです。

 

どうしてその後再婚しないのかと不思議になるくらいに魅力的な人でした。

明るいし優しいし言うことなかったです。

 

不倫の経緯なのですけど、別に不倫しようと思ってしたわけでは決してありません。

ダンス教室で出会ったバツイチ男性に心引かれていきました

最初は本当にただの習い事仲間としてのお付き合いでした。

不倫をするようになったきっかけは気の緩みです。

旦那とうまくいかなくて、イライラしていました。

そんな心の隙間ができたときに彼に優しく接されて、つい気の迷いが生まれてしまったのです。

きっかけは私が旦那の愚痴を話したことにあります。

彼はすごく親身になって聞いてくれて、全面的に私に同調してくれました。

彼は旦那を庇うことなく、私の味方になって同調してくれて、それが嬉しかったのです。

 

それに私が旦那の態度に寂しがっていることまで見抜いてくれて驚きました。

 

そうしたことがきっかけで、この人によく旦那のことを話すようになったんです。

 

話すと気持ちがスーッと楽になるんです。

話した後で清々しくなれるこの感覚に私は何度も旦那のことを相談するようになりました。

そしたら彼の方が私に「息抜きが大切」と言ってくれて、二人で一緒に出かけるようになったのです。

 

そもそもこういうのが間違っていました。

これが段々とエスカレートして、ある日酔っ払って一線を越えてしまったのです。

不倫関係がバレないか心配でさらに不倫相手から金銭を要求された

そっからはもう最悪でしたね。

 

不倫関係になった当初はすごく楽しかったです。

ドラマのような展開に自分でもドキドキハラハラして、暇はなくなりました。

ただその代わりに段々と罪悪感が生まれてきたのですね。

旦那が一生懸命働いている間に男性と出かけている自分に段々と罪悪感が酷くなって行きました。

それに不倫関係を続けていたら、いつかはバレる時が来るのです。

そう思ったら段々と怖くなって行って、どんどん身動きが取れなくなりました。

 

不倫の相手に一度別れようと話したけど、うまく別れてくれなくてパニックになりました。

 

結局寿命が縮まるような思いをしながら数年不倫関係を続けて、旦那にバレないまま別れることができました。

 

このような不倫と言う火遊びをしてみて、思ったのはドラマのように事はキレイに終わらないということが分かりました。

私は不倫相手にお金を渡して別れてもらいました。

手切れ金とうようなものですね。

 

彼は最初は凄く優しかったけど、段々と本性を見せてきて別れる代わりにお金を請求してきたのです。

 

あれはすごく怖かったです。

でも何とか別れられて心からほっとしています。

未だに旦那にはバレていないことが奇跡です。

 

このままこの出来事を墓まで持っていきたいと思うし、これだけ痛い目に遭ったので、反省しました。

今はもう何事もなく静かに暮らしたいです。

 

今後は過ちを犯さないように気を付けたいと思っています。

-不倫体験談
-

Copyright© 主婦の不倫・浮気体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved.