主婦・人妻・ママが不倫・浮気をしてしまった体験談を紹介しています。そして、彼氏が欲しいなと思っている主婦・人妻・ママ向けに彼氏の作り方を紹介しています。

主婦の不倫・浮気体験談ブログ

未分類

こども会で知り合った保護者の方と許されない関係に

投稿日:

私は35歳で、結婚9年目。家族は夫と小学生の娘が一人です。子どもが幼稚園のときまでは専業主婦でしたが、今は派遣社員として勤めに出ています。
夫とは、かつての職場で知り合いました。夫は私より6歳年上です。優しい夫です。
私たちのために懸命に働いてくれる夫に不満をもつのも悪い気がしますが、夫は数年ほど前から、生活習慣病が影響しているのか、精力が減退気味のようで……夫婦生活もほとんど、いや、全くありません。
私のほうも、家事や子育て、仕事が忙しく、それなりに充実した日々を過ごしていたので、夫との「レス」は気になりませんでした。その方と出会うまでは。

その方、ここではAさんとします……は、地域のこども会で知り合いました。Aさんは奥さんと小学生の男の子の3人暮らし。役所勤めのとても真面目な雰囲気の方で、私より1歳年上です。そのこども会は、毎年、責任者が変わるのですが、昨年度はそのAさんと私が務めることになりました。
そのこども会は毎月、イベントを行ったり、夏や秋ごとの日帰り旅行を計画、実行したりしていて、責任者はけっこう忙しく、なり手がいないなか、Aさんと私が引き受けました。Aさんは2年連続でした。
Aさんのことは、それまでは近所で見かける程度の人でしたが、話してみると、とても話題が豊富で、聞き上手で、とても好感のもてる方でした。イベントの企画や推進も、私のことを立てながら、テキパキと進めてくれ、「仕事もできる人なんだろうな」と思いました。
こども会のことでAさんと電話でやり取りする機会も増えました。用件が済んだ後、他愛もないことで少しおしゃべりすることも少なくありませんでした。夫とは家庭では必要以上の会話をすることもなくなっていたので、男性とお話しすることは新鮮でした。
ある土曜日の午後、イベントで使用する公共施設の下見にAさんと一緒に行きました。下見が一通り終わった後、その施設の中にあるカフェでお茶することになりました。Aさんはくだけた感じで自分の私生活のことを話し、私のこともいろいろと訊いてきました。すごく会話が弾むというか、何時間でも話していたいと思いました。
中学から短大まで女子校だった私は、男性との交際経験も乏しいままに夫と結婚しました。夫は素晴らしい人格の持ち主だけれど、夫婦と言うよりは、兄と妹みたいな関係に、結婚して月日がたてばたつほど、なっていったと思います。
一方のAさんは、とても魅力的な人と映りました。一言で言うなら「相性が合う」というタイプ。そして、そのようなタイプの人と出会ったのは初めてのことでした。
カフェを出て、Aさんの車で家まで送ってもらいました。
その夜、夫が寝入った後も、何か、もやもやとして寝つけませんでした。私は、本当に久々に自分を慰めてしまいました。思い描いたのはAさんとのことでした。

その後も、たまにAさんとやり取りすることがありました。もちろん、密かな感情は押し殺しながら、淡々と打ち合わせをしました。
こども会の責任者の任期の終了も間近になってきた今年の2月。3月の「卒業のつどい」の打ち合わせをするため、その土曜日の午後、Aさんの家に役員が集まることになりました。しかし、直前になってもう一人の方が来られなくなり、Aさんと私だけになったのです。
Aさんの奥さんと子どもさんはその日からスキー合宿に出掛けていて不在でした。
私は緊張しながら、Aさん宅のリビングで打ち合わせに臨みました。Aさんはいつもと同じように、明るく爽やかに振る舞っていましたが、私と同様に、心なしかぎごちない様子でした。
家人のいない家で2人きりで打ち合わせ、と決まったときから、お互いの心に抑えようのない思いがあふれ出したのだと思います。

リビングで、Aさんと私は抱き締め合い、激しく求め合っていました。人が変わったようにAさんは私を貪るようにしてきました。私も応えるようにAさんを求めました。ふとAさんが、「ずっとこうしたかった……」と私の耳元で言いました。「私も……」。そう言う私の声は震えていました。
カーペットの上で全身を愛されました。生まれてこの方、誰からもされたことのないようなやり方で。出がけにシャワーを浴びてきたという安心感から、Aさんのいかなる求めにも、私は大胆に応じました。
抱き締められて一つになったとき、思ったとおりだと思いました。「相性が合う」「肌が合う」。夫とは違う。夫は人間的に素晴らしいけれど、セックスの相性はそれほどでもない。性格が合っても、セックスも合うということではない。Aさんに抱かれながら、私はふとそんなことを考えていました。

その後も、週末を中心に、Aさんと密会しています。かつては、こども会の責任者の任期が終わってAさんと会えなくなることに寂しさを感じていましたが、こうしてAさんと会い続けられることに歓びを感じ、また一方で、不安を感じている、そんな日々が続いています。

-未分類

Copyright© 主婦の不倫・浮気体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved.